NK細胞とは

Natural Killer Cell​

01 I 生まれながらのがん細胞の殺し屋、 免疫反応の総指揮官NK細胞

 

NK細胞は、 全身を常時パトロールし、 がん細胞やウイルス感染細胞などの異常な細胞を見つけると細胞死を誘導する酵素 (パーフォリン、 グランザイム) を分泌し排除します。 また、 様々な免疫調節物質 (サイトカイン、 ケモカイン) を分泌し、 T細胞、 B細胞、 樹状細胞など他の免疫細胞の活性化を誘導することにより、 免疫力の向上に役立ちます。 このようにNK細胞は、 免疫系統において様々な活動をする免疫細胞です。

02 I 私たちの体でNK細胞が重要である理由

私たちの体内では、 がん細胞のような異常細胞が毎日5,000個以上生まれ、 免疫細胞によって排除されています。 健康なNK細胞はがん細胞や異常細胞と絶えず戦い続けていますが、 NK細胞の機能が低下するとがん細胞に対する免疫監視が正常に行われず、 がんが発生してしまいます。

正常細胞

がん細胞の発生

がん細胞

NK細胞

免疫監視

免疫細胞ががん細胞を認識し、

絶え間なく除去

正常なNK細胞

機能が低下した

NK細胞

がん細胞を除去

がん細胞の増殖

03 I NK細胞活性度の重要性

NK細胞活性度はがん細胞に対する抵抗力 (=免疫力) を示す指標であり、 年齢や性別による違いはありませんが、 健常者に比べがん患者のNK細胞活性度は低く表れます。

I 健常者とがん患者のNK細胞活性度の比較

I がんの進行プロセスによるNK細胞の活性度の比較

上記は2011年より行われた臨床試験の結果です。 この臨床試験では韓国の (株) ATGen社のNK Vueを用いてNK細胞の活性度を確認しました。

活性度が低いNK細胞は周りにがん細胞があっても攻撃性を示さないが、 活性度が高いNK細胞はがん細胞に付着して活発な攻撃性を示します。

攻撃性が低くなった低活性のNK細胞

活発で高い攻撃性を持つ高活性のNK細胞

04 I 低活性NK細胞から現れる反応

免疫力が弱まると様々な疾患が発生してしまいます。 これはNK細胞の機能低下と深く関っています。

外部感染に脆弱

病気が発生する

可能性が増加

免疫反応の

調節が不可能

疲労回復力の

低下

 

05 I 様々な疾患でのNK細胞

NK細胞は抗がん作用や免疫力強化による老化防止に役立つ免疫細胞であると立証されています。

がん及び関連疾患

老化及び感染症

自己免疫疾患

その他

胃がん、 乳がん、 前立腺がん、 大腸がん、 膵臓がん、 肺がん、 肝臓がん、 卵巣がん、 子宮頸がん、 血液がん (ホジキンリンパ腫/非ホジキンリンパ腫、 悪性リンパ腫など)

帯状疱疹、 アルツハイマー、 老人性疾患、 ヒトパピローマウイルス (HPV) 感染症、 エイズ (HIV) 感染症、 慢性肝炎など

肥満、 ストレス、 慢性疲労、 喫煙、 腎不全、 習慣性流産など

糖尿病 (1型、 2型)、 関節リウマチ、 炎症性腸疾患 (IBD) 、 全身性エリテマトーデス (Lupus) 、 多発性硬化症など

健康な人に睡眠障害が生じると、 通常通り睡眠をとった場合に比べて、 NK細胞の細胞毒性が減少している。

FASEB J, 1996

高齢者はNK細胞の細胞毒性が低い。 そして感染に弱い高齢者は更に低い細胞毒性を示している。

Clin Exp Immunol, 2001

第2型糖尿病患者は、 健常者に比べNK細胞活性度と活性受容体が減少している。

PLoS One, 2013

帯状疱疹患者は健常者と比べてリンパ球の数に差はないが、 NK細胞のIFN-γサイトカインの分泌が減少している。

PLoS One, 2018

 C型肝炎ウイルス (HCV) の感染が原因で、 NK細胞のIFN-γサイトカインの分泌とNK細胞活性度が減少している。  

J Virol, 2011

多発性硬化症の患者には、 健常者と同等数のNK細胞が存在するが、 IFN-γサイトカインの分泌は減少している。

Int Immunol. 2011

膵臓癌患者は、 がん細胞に対する細胞毒性は低い。 TNF-αとIFN-γサイトカインの分泌が減少している。

BMC Cancer, 2014

手術した経験がある胃癌患者の内、 高いNK細胞活性を示した胃癌患者は5年生存率が高い。 NK細胞活性は、 腫瘍のサイズ及び増殖と密接な関連がある。

Am J Gastroenterol, 2001

乳がん患者はステージが進行するほどNK細胞の活性受容体は減少し、 活性抑制受容体が増加している。

J Clin Invest, 2011

前立腺がん患者はがんのステージが進行するほどサイトカインを分泌するCD56+NK細胞の割合が減少する。 NK細胞活性度は低い。

PLoS One, 2013

 転移性乳がん、 大腸がん、 前立腺がん患者で血中循環腫瘍細胞の数が多いほど、 NK細胞の割合や細胞毒性が低下する。

Exp Mol Pathol, 2014  

© 2018 by NKMAX JAPAN

SuperNK免疫細胞治療剤についてご質問がございましたら、 お気軽にお問い合わせください。