検索

㈱NKMAX、Super NK細胞治療剤のメキシコ進出

最終更新: 2019年2月15日



㈱ATGen関連会社である㈱NKMAX(代表パク・サンウ)は、メキシコのアンヘレス病院とSuper NK細胞治療剤の供給契約を締結したと2017年12月5日、明らかにした。


今回の契約を皮切りに、米国をはじめとするアメリカ州市場への進出にも拍車をかけるだろうと会社側は付け加えた。メキシコで通信、医療、観光、金融サービスを営むアンヘレスグループ(Grupo EmpresarialÁngeles、GEA)に属しているアンヘレス病院は、メキシコ最大の民間病院ネットワークを保有している。この病院は、メキシコ全土に28の総合病院を持ち、234の手術室、2554個の病床、1万5000人の従業員で構成されている。


㈱NKMAXは「アンヘレス病院は、自己免疫疾患の治療のための幹細胞センターを運営している」とし「我々が持つSuper NK細胞治療剤の技術力とアンヘレス病院の細胞治療専門医や最新治療ツールなど、専門的なノウハウで効果的な治療が可能になると期待される」と伝えた。


㈱NKMAXは、米国をはじめとするアメリカ州への進出のために、米国アーバインに法人を設立して、GMP施設を準備している。


同社の関係者は、「米国GMPで培養したSuper NK細胞治療剤を、メキシコに供給する方式で進める予定」とし「米国との国境地域であるメキシコは、合理的な医療費のために、米国、カナダはもちろん、南米周辺国で人気が高い医療観光地として指折り数えられ、医療分野の成長が着実に増加している」と説明した。


パク・サンウ代表は「メキシコ最大規模であるアンヘレス病院との協力関係を通し、アメリカ州市場でのSuper NK細胞治療剤の前哨基地を設けた」とし「現地に合った営業戦略でグローバル市場にSuper NK細胞治療剤の供給を拡大する "と述べた。

1回の閲覧

© 2018 by NKMAX JAPAN

SuperNK免疫細胞治療剤についてご質問がございましたら、 お気軽にお問い合わせください。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now